体験予約 LINE予約

blog
BLOG

トレーナー自己紹介 第1章

トレーナー自己紹介

自己紹介からしていきたいと思います。
沼田 拓巳です (ヌマタ タクミ)1994年3月4日生まれです。
ニックネームは、たく、たくみと呼ばれます。皆様も是非ニックネームで呼んでください。

小学生時代

 

わかりやすく説明したいので少し僕の人生の物語を見てください。

僕の小さい時の一番最初の将来の夢はパン屋さんでした。(パンが好きだっんで。。笑)

ですが小学生になり、サッカー選手になりたいと思い4年生のときにサッカーのクラブチームに入りました。でも自分の中で何か違うなと思いサッカーは1年間で辞めました。

サッカーと並行して小さいときから父親や、お爺ちゃんとキャッチボールしたりバッティングセンターに行ったりもしてました。
そしてある日友人のお母さんから野球チーム入ってよ!という有難い言葉を頂いて、一回地元の野球チームの体験に行きました。

野球チーム入団

元々身体がが強かった為、僕はそれなりに投げるスピードも速く、バッターとしても遠くに飛ばす事ができました。
そして晴れてその野球のチームに入団することが決まりました。チームに入ってからは元々の体格と身体の強さを生かして、すぐにエースで4番になることができました。
ですがそのチームでプレーしていく内に徐々にもっと上のレベルでやりたいと思い、強豪チームに移籍する決心を決め移籍することになりました。

強豪チームへの移籍

新しいチームに入り凄くレベルが高くもっと自分でも努力しようと積極的に思うようになりました。
この時きっかけって大事だなって気付かされたのだ本当に移籍して良かったと今でも思います。誰かに誘われるのを待つのではなく、自分から一歩踏み出す事も大事だなと子どもながらに思ったのを今でも鮮明に覚えています。【恥ずかしがらず、挑戦する気持ちを持ち続ける】これは今でも僕の教訓にしています。小学生の物語はここで終わりです。

次回中学生に進むので次回も良かったら読んでください。よろしくお願いします!

中学生時代

ここからは中学生の物語に入ります。
僕のターニングポイント!1つ目の分岐点です。

中学生のときは皆さんに馴染みの深い部活ではなく、クラブチームに入りました。小学生の頃入団していたクラブチームの会長に結果残してチームの名前を大きくしてこい!と言われたのを今でも覚えています。

クラブチームのときのポジションはピッチャーとセンターを主に守ってました。
小学校、中学校と約5年間野球を行ってましたが大きな試練の壁にぶつかったことはまだありませんでした。ですが、中学2年生のときに名古屋で1番強いクラブチームと試合することになり楽しみ半分、緊張や不安半分でした。
一番ダメなところは相手チームの名前に対して、やる前から名前負けしてまってました。その日は先発で投げたのですが酷いくらいの投球内容でした。ストライクは全く入らない、四球は多い、運良くストライク入れにいけば打たれる、最悪な日でした。
そこから当時の監督に投手クビ!!と言われてしまいました。

そこから少したってから、父親が野球スクールを探しててくれそこの野球塾に通い始めました
野球スクールで火木と週2日間練習を行い、土日はクラブチームの練習でした。

野球スクールに通い始めてから、監督に久しぶりにたくみ投げてみろ!と言われ久々に先発で投げることになりました。相手は名古屋で2番目くらいに強い名古屋では知らない人のいない強豪チームでした。
前の自分でしたら、「どうしよう」とか、「打たれたらやばい」と混乱状態になってたと思います。

でも、野球スクールで練習してきた努力が自信に変わり、「打てるもんなら打ってみろ。」こんな心境になっていました。その試合の結果はと言いますと、なんとノーヒットノーランで試合に勝つことができました。

そこから中学校生活で活躍して名前を残す事ができたので野球スクールに通って本当によかったと今でも思ってます。
父親に感謝ですね。ありがとう!!

中学生の物語はここで終わります!

ですが僕の野球人生はまだまだ続きます

 

 

↑僕のオススメする自宅でもできる3分間トレーニングの動画です。良かったら見て下さい!