体験予約 LINE予約

blog
BLOG

トレーナー自己紹介 第2章

トレーナー自己紹介 第2章

前回の記事の続きになりますのでまだ読まれてない方はこちらを読んでからお願いします。今回から高校生の物語に入ります!

名門高校入学

僕は中学生での活躍により名前が大きくなり、岐阜県の名門の高校に通うことになりました。
生まれて初めての寮生活でした。正直人生で一番しんどかったですね。。笑
でも、名門高校に入って良かったことはたくさんあります。野球だけではなく、礼儀、挨拶、洗濯、掃除、心技体、気遣い、沢山のことが身についなと思います。これは今でも僕の財産として生き続けています。

練習メニュー

高校球児の練習って皆さん結構大変なイメージありますよね?僕が通ってたところの練習内容を説明します。
授業が毎日大体3時半くらいにに終わります。その後大体毎日4時から練習が始まります。
まず、グランド10周、キャチボール、ここで投手野手は分かれます。

投手の場合
ピッチング200球→100メートルダッシュ30本→タイヤ押し→タイヤ引き→スクワット→腹筋。これを2時間以上ずっとです。 笑

最後に全員集合でそこからランニングメニューがあります。

ここで一旦練習が終わり、夜ご飯を食べます。食べ終わった人から室内練習場に移動して夜練タイムです。

投手のメニュー
腹筋→スクワット→背筋→器具を使ったトレーニング。これを年末年始以外毎日2時間行っていました。

正直毎日すごいハードで10000回くらいもう無理だ。と心が折れそうな時もありましたが。2年半やってきた自分を褒めたいと思います。笑

ですが高校生活では中学生の頃からの夢だった甲子園にも行けましたので、本当にチームメイトや監督には今でも感謝していますし、3年間諦めずに頑張って良かったなと思います。

高校生の物語はここで終わりです。

社会人クラブチーム編

高校卒業の後、僕は社会人のクラブチームに入りました。ここでは社会人として野球だけではなく、1人の社会人としても成長できたかなと思います。

このチームの凄いところは、監督とキャプテンが元プロ野球選手でした。膨大な知識があり、沢山の事を教えて頂き、すごく濃い一年になりました。

社会人チームでは東海大会優勝でき、全国大会へ行きなんと西武ドームで投げる事もできました。幸せな時間でした。

次回予告

今回はここで終わります。次回アメリカ大リーグ、日本プロ野球編に進みます。

ここから僕のエピソードはもっと濃くなっていくので楽しみに待っていて下さいね。

 

 

↑僕のオススメする3分間トレーニングも良かったらご覧下さい!