体験予約 LINE予約

blog
BLOG

意外と知らない!プロテインの正しい飲み方!

意外と知らない!プロテインの正しい飲み方!

トレーニングをする上で欠かせない存在と言えばやはりプロティンですよね。

プロティンはカロリーを抑えながら効率良くタンパク質を摂取することが可能になるので、理想の身体を作る上で素晴らしい味方となってくれます。

しかし、そんなプロティンなのですが飲み方を間違えると正しい効果を得ることができず、効率が落ちてしまうことも多々あります。

そこで今回は、皆様が気をつけるべき、プロティンの無駄な飲み方について詳しく解説していきたいと思います。

 

プロティンの間違った飲み方

1  一度にたくさん飲む

プロティンは効率良くタンパク質を摂取することができる便利アイテムなのですが、だからと言って一気にたくさん飲んでもいいというわけではありません。

人間が一度に吸収することの出来る栄養素の量というのは、個人差は多少あるのですが、絶対量は決まっています。タンパク質の場合はおよそ20g程度だといわれています。

一度に吸収しきれない量を一度に大量に摂取してしまうと、吸収出来なかった分は脂肪に変換され身体に蓄積されてしまうので無駄になってしまいます。

またそれだけではなく、下痢や便秘などの症状によって腸内環境を悪くしてしまう可能性もあるので注意が必要になります。

プロティン1杯の吸収される速度は

・ホエイプロティン:約2時間程度

・カゼインプロティン:約7~8時間程度

・ソイプロティン:約5~6時間程度

と言われています。

過剰摂取にならないよう、1回の摂取は1杯分までに留めておくのがいいでしょう。

2 食事をプロテインだけで済ませる

プロティンは腹持ちの良い飲み物になります。そのため、食欲の湧きにくい朝食などに食事をプロティンだけで済ませるという方も多いのではないでしょうか?

朝起きたばかりのタイミングというのは身体の栄養が不足しているタイミングになります。そのため、朝食にプロティンを摂取してタンパク質を補給するというのは、決して間違ってはいません。

しかし、食事をプロティンだけで済ませてしまうというのは少しもったいない行為になります。なぜなら、プロティンは炭水化物と一緒に摂取することにより、筋肉がアミノ酸を取り込む力を強めることが可能になるからです。

炭水化物を摂取すると血糖値が急激に上昇するため、その血糖値を抑えるためにインスリンというホルモンが過剰に分泌されます。

そして、このインスリンはタンパク質を分解して出来たアミノ酸を筋肉に届けてくれる働きもあります。筋肉を効率良く育てるには、インスリンの働きを利用することも重要なポイントになります。

朝は食欲が湧かなかったり忙しかったりして、しっかりした食事を摂る気になれないという方も多いと思います。しかし、プロティンだけで済ませるのではなく、バナナやおにぎりなど簡単なもので炭水化物も一緒に摂取するようにしましょう。

3 トレーニング中に摂取する

トレーニングをしながら、合間合間の休憩中にプロティンを飲むという方もいると思います。

トレーニング中にプロティンを飲むという行為は、負荷がかかっている筋肉にリアルタイムでタンパク質が補給されるような感覚がして効果があるように感じますよね。

しかし、トレーニング中というのは交感神経が優位になるため身体の消化吸収能力は落ちてしまいます。

それにくわえて、トレーニングをして筋肉に負荷がかかっている状態というのは、血液が負荷がかかっている筋肉に集中している時間帯でもあります。そのため胃腸への血液量が少なくなるので、消化吸収能力はさらに低下してしまいます。

トレーニング中にプロテインを摂取しても、思っているような効果を得られない可能性が高いです。プロテインはトレーニングが終わり、20分くらい身体を休ませてから飲むよう心掛けましょう。

4 肉や魚と一緒に摂取する

トレーニングをしている方の中には、普段の食事メニューをタンパク質を意識したササミや鶏むね肉などにし、その上でさらにプロティンを飲むという方も多くいると思います。

食事でタンパク質を摂取した上で、さらにプロティンを飲むことにより、タンパク質の量が非常に多くなり、その結果、筋肉の成長に繋がります。

ですが、前述した通り人間が1回の食事で吸収出来るタンパク質の量というのは上限があります。そのため肉や魚、乳製品などを食べた上でさらにプロティンを飲むというのはタンパク質の過剰摂取にあたり、脂肪として蓄積されたり体調不良の原因に繋がる可能性があります。

タンパク質はあくまで1度にたくさん摂取するのではなく、1日を通してどれくらい摂取するかが重要です。プロティンは必要に応じて飲むか飲まないか判断するようにしましょう。

5 筋トレをしてない日は飲まない

これは間違ったプロティンの飲み方という観点から少し外れてしまうかもしれませんが、「トレーニングをしていないからプロティンも飲まなくていい」というのは間違った認識です。

私達人間の身体は常にタンパク質の合成と分解を繰り返しています。これはをしてトレーニングを行なっている日も行なっていない日も同じことです。

そのため、トレーニングをしていないからと言ってタンパク質を摂取しないと、身体はタンパク質不足に陥ってしまいます。その結果、筋肉を分解してタンパク質を補ってしまうのです。

筋肉量を維持するには、最低でも「自分の体重の数字×1g」のタンパク質が必要になります。トレーニングをしていない日も、プロテインを飲むなどして積極的にタンパク質を摂取するように心掛けましょう。

 

まとめ

プロティンはタンパク質を効率的に摂取する上で非常に有用ですが、適切な方法やタイミングを知っておくことでその効果をより高めることが可能になります。あなたもぜひ、今回ご紹介した知識を活かしてみてください!

最後まで見ていただきありがとうございました!